吃音&場面緘黙・当事者の会 ウィーク・タイズ

7月12日金曜日の18:30-21:00、四日市市・中部地区市民センター2階の茶室で「吃音と場面緘黙の人たちのための夜のオフ会」を行います。

詳細は下の案内を、アクセス等は四日市市・地区市民センターのページ下部(下から二つ目)、中部地区市民センターのところをご参照ください。

近鉄四日市駅から徒歩5分、駐車場も10台分ほどありますが満車のことも多いので、公共交通機関でのおこしをお勧めします(有料駐車場は周辺にふんだんにあるので駐車料金が気にならない方はご利用ください、場所で異なりますがだいたい30分200円くらいです)。

参加希望の方は下の『「吃音と場面緘黙の人たちのための夜のオフ会」のくわしい説明とちょっとしたルール』を必ずお読みください。

初回参加の方のみ事前に簡単な自己紹介(名前〔HN等でも可〕・性別・年齢〔~才代程度〕・住所〔~県~市程度])とともに参加の旨をお知らせ願います。二回目以降の参加の方は連絡は不要ですので、時間とお気持ちの都合がつけばふらりとお立ち寄りください。

質問や参加の連絡は、下の案内にあるアドレスへメールで、またはページ最下部のメッセージ欄よりどうぞ(メッセージは公開されません)。

お気軽におこし下さい、お待ちしています。


夜オフ7月


詳しい説明とちょっとしたルール(枠付き)













P1010080 (2)

きょうのお昼、6月のオフ会を鈴鹿市 ジェフリーすずか の食の工房(部屋の名前です)で開きました。

前にも来てくれたことのある女性の方がお越しになり、星田妙見宮のお札の話から始まりもしも余命宣告を受けたらなにを大事にするだろう、そしていまの暮らしはどう変わるだろう、とのお話しから、これまでに自分の死を身近に感じた時の体験とその時の思い、それから最近テレビで見た嘔吐恐怖症は吃音と同じで予期不安に苛まれることなど、きょうもいろいろここでしかできない深いお話しができました。

2019-06-08_14-25-56_258b (2)



タロットを持って行っていたんだけど話に気を取られ持ってることをすっかり忘れていました。いい機会だから1枚引いてもらうんだったな。




星田妙見宮の太上神仙鎮宅七十二霊符
2019-06-07_11-38-33_426 (2)






追記、
ウチ帰ってからタロット引いてみた。

2019-06-09_08-19-10_064 (2)
19 Becoming Centered (中心を定める)
中心を定めていなさい。あなたをあちこちへ押しやる他人の考えや企てに操られてしまうのを自分に許してはいけません。他人のレベルに落ちてはいけません。


とのことでした。




2019年6月8日土曜日のお昼14:00-16:00、ジェフリーすずかで「吃音と場面緘黙の人たちのためのお昼のオフ会」を行います。

詳細は下の案内を、アクセス等は鈴鹿市男女共同参画センター・ジェフリーすずかをご参照ください。

また、参加ご希望の方は『「吃音と場面緘黙の人たちのための夜のオフ会」のくわしい説明とちょっとしたルール』を必ずお読み願います。

初回参加の方のみ事前に簡単な自己紹介(名前〔HN等でも可〕・性別・年齢〔~才代程度〕・住所〔~県~市程度])とともに参加の旨をお知らせ願います。二回目以降の参加の方は連絡は不要ですので、時間とお気持ちの都合がつけばふらりとお立ち寄りください。

質問や参加の連絡は、下記アドレスへメールで、またはページ最下部のメッセージ欄よりどうぞ(メッセージは公開されません)。

お気軽におこし下さい、お待ちしています。

夜オフ6月枠付き










ついになくなった三和商店街(四日市)
P1010084 (2)


少し前の話だけど名古屋のなるみ吃音相談室へ私自身の吃音について相談をしに行った。

近々、うまくすれば100人程度の人の前でプレゼンをする機会があるかもしれないのだけど怖くてたまらない。何が怖いのかって人前で話をすることが怖くてたまらない。具体的にはスピーチの途中で難発が出てまったく言葉が発せられなくなってしまうのが怖い。それを防ぐ何かいい方法はないか専門家に相談をしてみようと思った。

なるみ吃音相談室を運営する言語聴覚士のYさんは自身も吃音で苦しんだ経験があり、吃音についての造詣も深く吃音についての講演会を各地でしている人。

最初にS24という性格テストのような検査を受けて、それから症状確認のためテキストの朗読をした。大きな文字で見開き2ページ、原稿用紙で1枚足らずの文章をなるべくゆっくりと読んだ。Yさんの評価は「ごく標準的なスピードでその速さならそれほど不自然さはなく、丁寧に朗読していると聞き手は感じると思います」とのことだった。

朗読については三重言友会の例会で毎月行っているメトロノームを使ってのトレーニングがずいぶん効果が出てる感じが自分ではしている。1年前なら難発が出てつっかえつっかえでしか読めなかったな。

Yさんは吃音についての講演もされてて、人前で喋ることについてはもうすっかり克服されてるのだとばかり思ってたけど、お話しを聞いたら未だに講演の最中に言葉に詰まって放送事故みたいになってしまうのじゃないかと心配になると言ってた。スマホの待ち受けに「これまで一度も講演の途中で立ち往生したことないから今度も大丈夫!」みたいな言葉を表示させているのだそうな。

いろいろお話をうかがい最後に「プレゼンはきっと大丈夫ですよ!」との力強い言葉をもらって帰りました。








ポカラの宿(ネパール)
IMG-0141b


オフ会に使う会場の下見にジェフリーすずか(正式名称は、鈴鹿市男女共同参画センター)へ行きました。

おしゃれな建物
2019-04-19_11-24-12_823 (2b)














建物もきれいだし対応してくれたお姉さんもいい感じで、とてもいいところだったので6月のウィーク・タイズのオフ会はここですることにしました。

食の工房(という名前の部屋)
2019-04-19_11-11-16_605 (2)


いくつか部屋があったけど、キッチンが併設されてる「食の工房」という名の部屋を借りました。ってか、予定していた6月8日(土)は小さい会議室はすでに予約で埋まっててこの部屋しか空いていなかったんだけど。でも明るくて冷蔵庫もあって飲食自由なんでけっこう気に入っています。








カイタイア(ニュージーランド)
33100135b (2)

このページのトップヘ